HOME > ブログ > シエスタのこだわり✿フェース化粧品

ブログ

< メニュー紹介~生コラフェイシャル編~  |  一覧へ戻る  |  メニュー紹介~オイルトリートメント編~ >

シエスタのこだわり✿フェース化粧品

シエスタでも愛用者が大変多い化粧品「フェースラメラシリーズ」
以前オーナーが書いた記事に詰まっているので今回ブログに転用させてもらいました。



2015/6//10
長文ですが最近化粧品について個人的にお悩み相談を受けることが増えてきたので
興味のある方に読んで頂きたいです。

フェースのラメラモード、ラメラベールシリーズは市場には出ていませんが、
エステや美容室など美容業界ではシェアNO.1☆
美意識の高いお客様の利用する専門店とそのお客様に選ばれています。

透明感・ハリ・つやがあってたるみのない肌を作る3つの条件・・・
1.バリア機能が正常である
2.皮膚深部が潤っている
3.細胞がいきいきしている

その3つを一瞬で叶える化粧品。
もはや魔法です。
これは他社が真似したくてもできない特別な製法で特別な製剤を使っています。
もう話題になっていますが、今年に入って念願だった特許を取得!!

28年前、現在CEOである小島豪さんが
ほとんどの女性が一生懸命化粧品を使っているのに、なぜキレイにならないのか?と疑問を持ち、
化粧品には肌を傷める合成界面活性剤が使われている事が原因の一つであると気付きました。
合成界面活性剤は今でも他メーカーでは当たり前に使われています。
それならば、合成界面活性剤を使わずに本当にキレイになる化粧品を作ろうと
今日まで研究に研究を重ね、東京理科大学に直談判
「本当にキレイになる化粧品を作りたいんです!!」
と・・・
小島会長はとても熱い男です。
世界一の化粧品をつくりたい
本当にキレイになる化粧品で特許を取得したい
小島会長の熱い思いに引き寄せられ、次々と素晴らしい技術者が集まってきました。
「私達も本当にキレイになる化粧品が作りたい。」
28年越しに願いが叶いました。
今までの化粧品では本当の意味でキレイにはならないのです。

一時的にキレイに見えるのは皮膚表面に膜を張るから。
使い続けて肌が拒絶するのは合成界面活性剤や活性酸素を発生させる成分が蓄積されるから。
有用成分がどんなに良くても合成界面活性剤が肌のバリア機能を壊してしまう。
無添加や自然派の物で、本当に無添加だとして、肌に負担のかかるものが入っていないとしても、
肌のバリア機能や細胞膜、コラーゲンを補うことはできない。
などなど・・・
どんなにいい成分が入っていると謳っても、肌の中には入らないという事実。
入って欲しい成分は入らず、入って欲しくない成分が入ってしまうのが化粧品。
フェースが特許を取得できたのは「製法」と「物質」です。
特許番号が入った化粧品なんて、他にはありません。
フェースの提唱するラメラ美容法は最先端の美容法で間違いなく、世界の文化になっていきます。
フェース化粧品は肌に入って欲しい成分だけを配合し、届いて欲しいところへ確実に入ります。
ラメラ構造(バリア)から、細胞レベルで修復していくので、
使えば使うほど、本来のトラブルのない若い肌へと導いてくれます。

まだまだ書きたいことはありますが長くなるのでやめます!
私の個人的なツボはカットソッドアッセイ法といって、
成分一つ一つ、大腸菌を使った地味な実験で活性酸素が発生しないかを調べ、
どんなに良い成分でも活性酸素を発生させるものは使わない事。
どの成分が活性酸素を発生させるのか?なんて、他のメーカーには思いもつかない発想ではないかと思います。
小島会長の教え
「使命感なき美容は崩壊する」
「知識は奉仕するもの」

フェース化粧品、一生お世話になります!



フェースラメラシリーズはカウンセリング化粧品です。
シエスタにてお悩みやご希望をお聞かせくださいear
http://www.lamellar.jp/



< メニュー紹介~生コラフェイシャル編~  |  一覧へ戻る  |  メニュー紹介~オイルトリートメント編~ >

このページのトップへ